北海どんどん 北海道グルメ大使 かに 魚 7ティア アフィリエイト
ペイパルで簡単に即入金980円
懸賞・プレゼントサイト0円.COM

2009年09月14日

芸能人に学ぶ空気の作り方 出版プロデューサー・高須基仁さん「人たらしの極意」




 芸能人関連の書籍や写真集などで知られる出版プロデューサーの高須基仁(もとじ)さんが今月、「人たらしの極意」(春日出版)を出版した。芸能界でしたたかに生きる女優や歌手らの山あり谷ありのエピソードが満載で、相手を説得して話をつけるためのノウハウを学ぶことができる一冊だ。

 「女たらし」という言葉はあるが、「人たらし」はあまり耳にしたことがない。高須さんによると、5年ほど前に編み出した新語だという。

 高須さんは、写真集などを企画するたびに、女性やカメラマンのほか、「ヘアヌードなんて…」と毛嫌いする世間の説得に迫られた。そんな体験などから、「経験に裏打ちされた言葉で人をたらしこみ、自分で周りを納得させる場を作ることがビジネスの成功にもつながる」と気付いた。

 相手との会話で答えが出なくても、結論は先に延ばさない。「話が煮詰まれば、こちらから間髪を入れずさらに話を切り出せば、自分の方に相手を引きずり込める。思い切りのよさが必要なんです」

 この本では、自分なりの空気を作るためのケーススタディーとして、芸能界であえて空気を読んでいないように見えながらも、自分を押し通しているタレントや女優らに注目。彼らが世間の冷たい視線をどうはね返し、したたかに生きているかを紹介した。登場する芸能人は、故・飯島愛さんから華原朋美、ルビー・モレノ、北野誠、ジョニー大倉など幅広い。

 高須さんは「社会からすれば、芸能人はマイノリティーの人たち。常識や倫理観がない不良も多い。そんな彼らにも愛を込めて書いた。彼らの山あり谷ありの人生に迫ることで、空気の作り方はもちろん、人間とは何かも見えてくる。孤独に悩める読者には癒やしの一冊です」と話す。

 「人生、七転び八起き。谷が深くても、きっとまた山はある。嫌なことがあれば、寝て忘れればいい。それが人生です」。そう高須さんは笑い飛ばした。(村上智博)


引用/goo
posted by innva5555 at 10:09| Comment(1) | ニュース配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この前までチ ェ リ ーだったんだけどま●こ汁ってウマすぎだろっ!!(゜д゜)
夢中でちゅーちゅーしてたら、相手が感じすぎてビクビクっとケイレンしてたのにはビビったwwwww

しかしな め て イ か せ 続けりゃ満足してお金をバンバン払ってくれる女って結構いる#もんだねwww
http://bull.WAoooon.net/68gm4kz/
最近はココで甘い汁すすりまくってるwww(いろんな意味でwwwww)
Posted by ぐっさん at 2009年09月19日 14:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。